ZoomウェビナーのCSVからのインポートの使い方【文字化けに注意】

ZOOMウェビナーでは「登録」を必須にするとZOOMから申し込みフォームが生成されます。
とても便利なのですが、要件によってはGoogleフォームや自社サイトから申し込みを受け付ける場合もございます。

そんな時はもう一つの登録方法、「CSVからのインポート」機能を使ってインポートが可能です。

Zoomウェビナーの準備から開催までの流れはコチラ!
Zoomウェビナー運営方法を解説!事前準備から開催まで【まとめ】

目次

まずはZOOMウェビナーをスケジュール

ZOOMウェビナーのスケジュール作成方法はこちらをご参照ください。

スケジュール登録時に、「登録」制にするとCSV一括インポート機能が使用できます。
事前に、ウェビナーのスケジュールをお願いします。

CSV一括インポート機能の使い方

実はUSのヘルプページに説明が記載されています。この手順にそって試してみます。

https://support.zoom.us/hc/en-us/articles/360036179892-Importing-Webinar-Registrants-Via-CSV

インポートするリストを作成

ZOOMがCSVの雛形を提供してくれていますが

  1. メールアドレス
  2. 苗字(Last Name)
  3. 名前(First Name)

の順で作成すれば大丈夫です。この3種類の項目を用意します。

CSVリスト作成の際に、注意点があります。

  • 「文字コード」を「ANSI」から「UTF-8」に文字コードを変換する必要があります。
  • 1行目のデータが必ずエラーが発生します。

「文字コード」を変換しないとインポートする際に、文字化けが発生してしまいます。
また、1行目のデータはダミーデータを用意してください。

CSVの文字コード変換方法

作成したCSVデータを右クリックで「メモ帳」を選択します。

「ファイル」→「上書き保存」を選択します。

ファイルの種類を「すべてのファイル」に選択し、
文字コードを「UTF-8」に変更して保存を実行します。

これでインポートするリストが作成できました。

CSVからのインポート

ZOOMにサインインして、先ほどスケジュールした画面に移動します。
詳細画面の「招待状」から「参加者を管理」横に「CSVからのインポート」を選択します。

インポートを実行し、CSVファイルを選択します。
「インポート後に招待状を送信します」をチェックすると直ちに招待状メールが送信されます。

あらかじめインポートする際にチェックを外しテストデータで試しておけば安心です。

インポートが成功した場合は下図のように表示されます。
インポートエラーが表示されていますが、1行目は現状ではエラーが必ず表示されるので無視して大丈夫です。

インポートの検証結果

メールアドレスの重複

登録制ウェビナーではメールアドレスは重複できません
氏名が異なっても登録は1つになります。インポートする際に注意してください。

リストの上書き登録

名簿を再インポートする際に、同じ内容(前回インポートした内容)はスキップされます
新規リストだけ追加されます。

登録氏名の空白

申し込みフォームから登録すると「氏」・「名」は必須になりますが、インポートの場合はどちらかが空欄でもインポートできました。

おわりに

一通りご紹介しましたが、一括インポートは失敗するとリカバリーが大変です。
「文字化け」や「名簿の作成ミス」などヒューマンエラーが発生しやすいからです。

出来るだけZOOMの申込みフォームを用いてウェビナーを行い、本当に必要な場面では慎重に行うことをお勧めいたします。

Zoomウェビナー 記事一覧

インストール
事前設定
開催時
開催後
外部連携

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる