Slackで情報ストック!議事録に使えるポスト機能の使い方

Slackを使っていると、情報をストックして整理したい時がありませんか?

  • Slackでまとまった情報をストックしておきたい
  • 議事録を共有するのに、いちいちWordやExcelを貼りつけるのが面倒
  • 複数人で同時編集したい

スプレッドシートなどを方法もありますが、slackの便利機能「ポスト」があります。
ポスト機能を使うと簡単に情報共有が出来ます。

Slackの書式設定をそのままドキュメントに反映できるのでおススメです。

よりチームで情報管理したい場合は、情報共有ツール「Stock」がおススメです。

目次

ポストの作成方法

お好きなチャンネルの投稿窓から⚡をクリックし、「ポストを作成する」を選択します。

以上!これだけです!とても簡単ですね。

書式設定の方法

書式はslackでいつも投稿している書式設定がそのまま使えます。

書式の設定は

  • テキストを選択して設定
  • キーボードショートカットで設定

お好きな方法で自由に記述できます!

テキストを選択して設定

テキストを記述し選択すると、書式設定のツールバーが立ち上がります。
慣れ親しんだアイコンなので安心ですね。

左から順番に記載してみました。

キーボードショートカットで設定

  • もっと早く書きたい
  • キーボードのみで操作したい

そんなスペシャリストなあなたには、高度なショートカットがあります。

右上の「・・・」から「ショートカットリスト」を選択すると

入力方法が閲覧できます。
このヘルプ画面は「Ctrl」+「・」でいつでも切り替えられます。

ショートカット一覧

操作方法

種類キーボード
パネルの切り替え「Ctrl」+ 「・」
テキストサイズを大きく「Ctrl」+「+」
テキストサイズを小さく「Ctrl」+「-」
フォーカスを次の項目へ移動「F6」
フォーカスを前の項目へ移動「Shift」+「F6」

メニューの書式設定(書式設定メニュー表示中)

種類キーボード
フォーカスを次のオプションに移動「Tab」
フォーカスを前のオプションに移動「Shift」+「Tab」
オプションを選択/選択解除する「Space」または「Enter」
メニューを閉じる「Esc」

書式設定

種類キーボード
太字「Ctrl」+「B」
斜体「Ctrl」+「I」
アンダーライン「Ctrl」+「U」
取り消し線「Ctrl」+「Shift」+「X」
コード「`」+ テキスト +「`
大タイトル「#」+「Space」
小タイトル「#」+「#」+「Space」
仕切り「-」+「-」+「-」+「Space」
・箇条書きリスト「-」+「Space」
1.番号付きリスト「1」+「.」+「Space」
✅チェックリスト「[」+「]」+「Space」
引用「>」+「Space」
コードブロック「`」+「`」+「`」+「Space」
テキストの現在行の先頭まで選択「Shift」+「Home」
テキストの現在行の最後まで選択「Shift」+「End」

ポストの共有方法

共有方法も簡単です。
右上の「共有」を選択し

  • 共有場所【チャンネルやメンバー】
  • 他のメンバーの編集を許可する

を設定したら「共有」ボタンを押して完了です。

チャンネルには、このような形で表示されます。

ファイルのリンクをコピー

「ファイルのリンクをコピー」を使うと、ブラウザ上で共有できます。
権限設定は保持されるので安心してください。

ポストの編集

ポストを再度編集する場合には、赤枠アイコンをクリックします。

ウインドウが立ち上がって、再度編集可能になります。

ポストの検索方法

ポストはファイルとして扱われるので、チャンネルから「ファイル」の項目から表示されます。

投稿と同様に、「ブックマーク」や「ピン止め」も可能です。
投稿が流れてしまっても、これで安心ですね!

まとめ

いかがでしたか?

  • Slackで情報をストックしたい
  • 共同編集を気軽に手早く行いたい
  • Slackを使いこなしたい

そんな時は使ってみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる