【FastAPI】インストールと初期設定【入門】

pythonにはdjangoflaskなどのWebフレームワークがありますが、FastAPIはより記述しやすく、安全で高速なWebフレームワークらしいです。

今回はFastAPIのインストール方法について簡単に記載いたします。

この記事のサンプルコード

python仮想環境にはvenvを使用しています。

目次

必要なパッケージのインストール

https://fastapi.tiangolo.com/ja/#_3

まずは必要なfastapiuvicornをインストールします。

pip install fastapi uvicorn

エンドポイントの作成

main.pyを作成し、appでインスタンスを作成します。

from fastapi import FastAPI

app = FastAPI()

エンドポイントの作成には、デコレーターで@app.get('/')のようにして指定します。

from fastapi import FastAPI

app = FastAPI()

@app.get('/')
def index():
    return 'Hello World'

Webサーバーの起動

サーバーを起動します。

uvicorn main:app --reload

自動生成されるドキュメントの確認

FastAPIではドキュメントが自動生成されます。最高かよ!

  • http://127.0.0.1/docs
  • http://127.0.0.1/redoc
docs
redoc

この記事のサンプルコード

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる