CMSをノーコードで構築するならWebflowがおすすめ【感動】

  • 自社サイト・コンテンツ(CMS)を作成したい
  • サイト管理を外注している
  • 自分たちでサイトの作成・管理を行い工数を減らしたい

こんな課題がある場合にはノーコードツールの「Webflow」がおすすめです。
実際に使ってみてとても良かったのでご紹介します。

目次

Webflowとは

Webflowはオンラインでサイトの制作やコンテンツの管理・公開ができるノーコードツールです。

HTMLとCSSの知識は必要ですが、コーディングする必要はありません。
画面上で要素を配置しサイト公開までできます。

実際の操作画面です。
要素の配置やレイアウト・サイズなど細かい修正が可能です。

CMS機能も備わっており、細かなデータベース定義が可能です。
ここまで出来ることに私は感動しました。ヤバいですね・・・

Webflowのメリット

Webflowのメリットは大きく3つあります。

  • ノーコードで作成可能
  • 柔軟なデザイン・レイアウト(レスポンシブ)
  • 大規模な動的サイト(CMS)が作成できる

逆に、この3つを満たすものはWebflowしかありませんでした。

ノーコードで作成可能

レイアウトや基本的な項目は用意されており、ドラッグ&ドロップだけで要素を追加できます。

CSSについても詳細に設定可能です。

他のツールではレイアウトに制限が多いものもあるので、ここまで細かく出来るのは本当に凄いですね!

柔軟なデザイン・レイアウト(レスポンシブ)

レスポンシブ対応についても、上のバーからすぐ切り替えができて確認できます。
めちゃくちゃ楽ですね!

大規模な動的サイト(CMS)が作成できる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる