【Linux】シェルコマンドの使い方【ファイル操作編】

目次

コマンドの補完・実行したコマンドを使う

内容コマンド
コマンドの補完「tab」
実行したコマンド
の表示
「↑」・「↓」

コマンド一覧

コマンド内容説明オプション
ls今いるディレクトリのファイルを表示-a 隠しファイル表示
-l ファイル情報
-al 隠しファイルを含めたファイル情報
cdディレクトリを移動する
cpファイルのコピー
mvファイルの移動・ファイル名の変更
rmファイルの削除-r ファイルがあるディレクトリも削除
※注意
catファイルの中身を表示
touchファイルの作成
mkdirディレクトリの作成
findファイルの検索パス パターンを指定-name 検索対象を指定
例: ” *.txt “
grepファイルのテキスト検索-r サブディレクトリも検索
-rl ファイル名だけ表示
-n 行番号を追加

参考

・クラウド環境で勉強するなら

Paiza ラーニング – Linuxの勉強するならおすすめ

PaizaCloud – Linux環境を自分で色々試したいならおすすめ

・本気で勉強するなら – 無料相談から

・書籍で勉強するなら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる