jupyter notebookで画像や動画を表示させる簡単な方法

jupyter notebookを使っていると、マークダウンでの記述以外にも「画像や動画」を表示させたい時があります。

簡単に表示できるIPython.displayモジュールをご紹介します。

この記事で分かること
  • 画像・動画・音声の表示方法
  • HTML・iframe・YouTubeの埋め込み方法
目次

画像—Image()

Image(data=None, url=None, filename=None, format=None, embed=None, width=None, height=None, retina=False, unconfined=False, metadata=None)
パラメーター意味
dataダウンロードURLやファイルパスを指定します
format画像データのフォーマットを指定
指定が無ければ拡張子から読み取ります
embed画像を埋め込むか bool
width, heightピクセル単位の幅・高さ
retina幅・高さを半分にして表示 bool

wikiから画像データを引っ張ってみます。

動画—Video()

Video(data = None、url = None、filename = None、embed = False、mimetype = None、width = None、height = None、html_attributes = 'controls')

Image()とほぼ変わりません。

上記のように表示されました。再生や全画面表示も可能です。

音声—Audio()

Audio(data=None, filename=None, url=None, embed=None, rate=None, autoplay=False, normalize=True, *, element_id=None)

音声再生バーが出現しました。

HTMLの表示—HTML()

HTML(data=None, url=None, filename=None, metadata=None)

URLやHTMLソースであれば表示可能です。iframe埋め込みも可能です。

iframeの埋め込み—IFrame()

IFrame(src、width、height、** kwargs)

width・heightを指定する必要があります。

YouTubeの埋め込み—YouTubeVideo()

YouTubeVideo(id、width = 400、height = 300、** kwargs)

YouTube動画の末尾のIDを指定するだけです。

めちゃくちゃ簡単ですね。

まとめ

これで色々と捗りそうです。

参考:THE IPython API Module: display

機械学習・データ処理を学ぶのにおすすめの教材

動画で学習するなら!

本気で取り組むならまずは相談!

じっくり書籍で学習するなら!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる