【django】開発環境構築の初期手順【備忘録】

djangoでアプリを作るときに、いつも初期設定を忘れてしまうのでまとめました。
最初に開発環境を作るときの設定です。

目次

インストール

pipでパッケージ管理する場合には

pip install django

Anacondaを使っている場合には

conda install django

でインストールします。

環境構築

プロジェクトの作成

djangoのプロジェクトを作成します。

django-admin startproject "プロジェクト名"で作成しますが、設定ファイル群となるので名前は「config」にして第二引数として「 . 」を指定します。

これで現在のフォルダに直接ファイルが作成されます。

$ django-admin startproject config .
$ tree
django-site
│  manage.py
│
└─config
        asgi.py
        settings.py
        urls.py
        wsgi.py
        __init__.py

アプリケーションの作成

djangoはアプリ単位でMTVファイルを管理します。
アプリケーション作成はpython(python3) manage.py startapp 任意の名前 です。

$ python manage.py startapp practice
$ tree
django-site
│  manage.py
│
├─config
│  │  asgi.py
│  │  settings.py
│  │  urls.py
│  │  wsgi.py
│  └─ __init__.py

│
└─practice
    │  admin.py
    │  apps.py
    │  models.py
    │  tests.py
    │  views.py
    │  __init__.py
    │
    └─migrations
            __init__.py

テンプレートファイルの置き場所

  • 静的ファイル—static
  • htmlテンプレート用ファイル—templates

のディレクトリを予め用意しておきます。

$ mkdir static
$ mkdir templates

設定ファイルの編集

config内のsettings.pyを修正します。

ALLOWED_HOSTS

開発環境の場合は

ALLOWED_HOSTS = ['*'] //すべて許可

本番環境の場合はドメインやIPアドレスを指定します。

INSTALLED_APPS

作成したアプリを追加する場合には、下記形式で追記します。

INSTALLED_APPS = [
    'django.contrib.admin',
    'django.contrib.auth',
    'django.contrib.contenttypes',
    'django.contrib.sessions',
    'django.contrib.messages',
    'django.contrib.staticfiles',
    'practice.apps.PraciticeConfig' //アプリの追加
]

TEMPLATES

先ほど作成したtemplatesフォルダを参照するように設定します。

TEMPLATES = [
    {
        'BACKEND': 'django.template.backends.django.DjangoTemplates',
        'DIRS': [os.path.join(BASE_DIR, 'templates')],
 //ここに追記
        'APP_DIRS': True,
        'OPTIONS': {
            'context_processors': [
                'django.template.context_processors.debug',
                'django.template.context_processors.request',
                'django.contrib.auth.context_processors.auth',
                'django.contrib.messages.context_processors.messages',
            ],
        },
    },
]

STATIC

templatesフォルダと同様です。

STATIC_URL = '/static/'
STATICFILES_DIRS = [os.path.join(BASE_DIR, 'static')]  

LANGUAGE&TIME_ZONE

言語設定とタイムゾーンの設定。

LANGUAGE_CODE = 'ja'

TIME_ZONE = 'Asia/Tokyo'

Django学習におすすめの教材

Django 記事一覧

Django

初期設定
モデルの作成(models.py)
デプロイ

Django REST framework

設定
Serializer

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる